FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

石内公民館で花育♪

16日土曜日、石内公民館にて、切り花体験「フラワーアレンジメントを作ろう」と題して、花育講座をしました。
参加者16名で、その内小学生が12名、お母さまとお姉ちゃんといっしょに参加の小さな女の子、おとなも3名参加していただきました。


まずは、切り花の本質のお話から。。
鉢植えのサイネリアの根を洗って、根っこをみてもらいました。
そして、一枝、ちょきんと切って、お水に挿してみました。
このお花、根っこから切られてるけどどうかな?生きてる?
前の方に座っていた男の子が、切られてるんだから死んでるよ~と言いました。

そうかな???
じゃあ、このお水に挿したお花は死んでるように見える?

お花はいのちの根源である根っこを切られても生きているのです。
赤ちゃんが、お母さんのお腹から臍の緒を切られて産まれてくるように、切り花としてのいのちを生きるのです。
そういうことを切り花体験で感じていただきます。



お花が長生きする水切りの説明をして、
それぞれのお花の説明やファンデーションワークをしたあと、いよいよ制作です。


130316石内花育


130316石内花育3


130316石内花育4
ごめんね、突然カメラを向けて嫌だったね


130316石内花育6
公民館の沖中さんも真剣です。


130316石内花育9


130316石内花育8
持って帰ったらお母さんが絶対喜ぶって。
喜びの気持ちは、周りにも伝わります。


130316石内花育7


ゴミに転化した茎も新聞紙に包んで、じょうずにおかたずけできました。

130316石内花育5


130316石内花育10


子どもたちは、目をきらきらさせて、あっという間に完成です。


ほら見て~同じお花を使用してもみんな違いますね~。
どれもみんな素敵ですよね~♪
これが個性であり、それぞれがもっている感性です。
みんな違っていいのですよ。
違いを認め合える社会は平和な社会ですね。


お花のご飯は何だったか覚えてるかな?

おみず~!!

元気な声が返ってきました

お家に持って帰ったら、慈愛の気持ちをもって、毎日お水をあげてくださいね。




終わった後、ひとりの男の子が、自分の作ったアレンジを指さして、言いました。
オレ、今からコイツとご飯食べる!!







広島市未来都市創造財団 石内公民館主催 人権教育講座・子ども体験広場 「切り花体験を通じて、命の尊さと慈しみ愛でるこころを感じ、思いやりの気持ちを持とう」という固い感じで募集したからでしょうか。1週間前の締切には、2名の申込みしかありませんでした。
その後、公民館の方が、留守家庭子ども会(学童保育)に声をかけてくださって、こどもたちがいっぱいきてくれることになりました。

後から聞いた話なんですが、実は、留守家庭子ども会の先生が、以前、私が花育をした「淳昭園」でのことをご存じで、淳昭園での花育がとても良かったので、参加費を払ってもそれ以上のものがあると、保護者の方ひとりひとりに説明してくださったのだそうです。(淳昭園の職員さんが、私の友人なので教えてくれました。)
ここでも、人の繋がりのありがたさを感じました。
西先生、ありがとうございました。
そして、講座の依頼をいただきました石内公民館の沖中さん、私に花育の場をあたえてくださって感謝です!




講師養成講座を受講したい方はこちらから→ 「いのちとこころの花育®」
スポンサーサイト



Secret

プロフィール

arosemama

Author:arosemama
アトリエローズママの部屋へようこそ!
広島のフラワー教室です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


フラワースクール “ リーケ ”です

marie des arts

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる